人気ブログランキング |

セフティー3·電動芝刈機·SLC-230RE【ポイント10倍】 農業資材【芝刈機 芝刈り機 刈払 草刈 芝刈 草刈り 農業機械 草刈機 芝刈り 草刈機 刈払機 刈払い 草刈り機 刈払い機 電動 電気 式 性能】【おしゃれ おすすめ】[CB99]:買援隊

このブログの更新通知を受け取る場合は ここをクリック

甲州半農人 / 山梨で農的生活を始めた東京人が考える農業、環境、そして食
灰にできない燻炭作り
土の栄養になる燻炭を作った。市販の燻炭器で籾殻を焼き、畑にまくのだ。燻炭作りはまだ3回目だったが、前回は焼き過ぎて灰にしてしまう大失敗を演じていた。今回はその教訓を生かしてうまくいった。
燻炭器というのは、たくさんの穴が開いたじょうご型のブリキ製品。円筒を上にして地面に伏せ、円錐部分の中で火を燃やす。円錐の周辺に籾殻を積んでおくと、円錐の熱で焼けてくる。簡便だが、熱工学的な理屈に合っているらしく、火が燃え尽きることはない。

籾殻は農協の無人精米機から仕入れてくる。籾殻を利用する人は少ないのか、タンクに大量にたまっていることが多い。燻炭作りは天然資源の有効活用なのだ。
頭上のタンクの蓋を開けると、籾殻が音を立てて降ってくる。向かいの農協の屋根に並んでいたハトが、床に積み上がった籾殻に殺到する。中身の残った籾をつつくのだろう。ハトも食料資源の活用を心得ている。
燻炭作りの難しいところは、焼けた粒がなるべく多くなるように仕上げることだ。燻炭器任せにしておくと、籾殻は炭を通り越して灰になってしまう。市販の燻炭のように1粒1粒が褐色になったのを作るのは無理にしても、褐色の多いゴマ塩状態にはしたい。
それには、時々籾殻の山をかき混ぜなければならない。半日間それを繰り返すから手間ひまが掛かる。
前回の大失敗は、ゴマ塩状態になったところで火を止め、それで安心したのが原因だ。燻炭の山に水を掛けずに放置したため、中でくすぶっていた火が夜中の風で燃え広がり、全部灰になってしまった。
今回も何度も何度も籾殻の山をスコップでひっくり返し、ほどよいゴマ塩状態になったところで火を止めた。今度はすぐに畑にまいた。これで灰になる心配はなく、土をふんわりとしてくれる。
私の燻炭作りを見ていたのか、新参百姓のモモパパさんもやる気になって私の燻炭器を借りに来た。2000円かそこらの道具だが、たまに使う程度だから貸し借りした方がいい。それも既存資源の有効活用だ。


▷4月29日よりオンラインショップがスタート オーガニック先進国ドイツより ディステルビオラーデン
by kousyuu-hannoujin | 2013-04-10 02:09 | 2013年 上半期
<< 機械修理も「地産地消」 彼岸・桜 ジャガの季節 >>

● 榎戸隆        1944年、旧満州生まれの横浜育ち。1970年に新聞社に入社し、東京をはじめ仙台、盛岡、山形などで記者生活。2002年に早期退社して以来、山梨と東京とのかけもち生活を続ける。
by kousyuu-hannoujin
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
◉2014年12月10日
最終回

土薫る250のストーリー。
最新の記事
師匠と弟子のコラボブログ at 2015-01-11 01:42 願いは農村文化の復興 at 2014-12-10 07:08 道端に「産直ネギ」の山 at 2014-11-29 21:14 牛乳は白菜を救えるか at 2014-11-20 15:18 干し柿作り無念の断念 at 2014-11-10 23:59
カテゴリ
全体
2014年 下半期
2014年 上半期
2013年 下半期
2013年 上半期
2012年 下半期
2012年 上半期
2011年 下半期
2011年 上半期
2010年 下半期
2010年 上半期
2009年 下半期
2009年 上半期
2008年 下半期
2008年 上半期
2007年 下半期
2007年 上半期
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
セフティー3·電動芝刈機·SLC-230RE 【ポイント10倍】【芝刈機 芝刈り機 刈払 草刈 芝刈 草刈り 芝刈り 草刈機 刈払機 刈払い 草刈り機 刈払い機 電動 電気 式 性能】【おしゃれ おすすめ】[CB99]
画像一覧